MENU

フォアダイスを潰すのはOK?

フォアダイスは汗腺に皮脂が溜まったものですから、顔などにできるニキビと同じような状態ではあるのですが、ハサミや爪切りなどで潰すのはリスクがあるので注意が必要です。ニキビでも自分で潰すとニキビ痕などが大人になってからも残ってしまいますよね。

 

陰茎や亀頭付近の粘膜部分の皮膚が弱い部分に強い刺激を与えるのは、ばい菌が入ってしまうことや、傷が化膿して治りが悪くなってしまうなど、ニキビ以上のリスクがあるので、自分で潰すような事は避けるようにしましょう。

 

イボコロリなどを使って、フォアダイスがある部分の皮膚をやわらかくして取り除くという方法も、潰すのと同じく、傷口から化膿してしまう、痕がしっかり残ってしまうなどの心配があるのでなるべく避けるようにしましょう

 

自宅でできるフォアダイス対策としては、オロナイン軟膏を塗る、垢すりのタオルでごしごしとこするなどの方法もありますが、チャレンジする場合にも、少し試してみてから、性器部分に痛みなどが起きていないか、赤くなっていないかなどを確認しながら行うようにしましょう。

 

本来は美容外科などでレーザーで取ってもらって、手術痕の傷に良い軟膏などを医師から処方してもらう方法のほうが確実です。フォアダイスを取る時に、下半身を医師に見せなくてはいけないという恥ずかしさがあるかもしれませんが、男性専門のメンズクリニックなどでは、スタッフが全員男性というクリニックもありますから、恥ずかしいからクリニックに行きたくない!と思う方は、こちらを利用されてみると良いかもしれませんね。

フォアダイスの原因と治し方TOP