MENU

オロナインはフォアダイスに効く?

亀頭のカリ部分にできやすい白いブツブツのフォアダイスを、自宅で治したいと考える方は多いようで、インターネット上でよく挙がっているのが、ハサミや爪切りで切り取る、イボやウオノメを溶かすイボコロリを使う方法などが紹介されています。亀頭などの性器は粘膜部分であり、腕や指などの通常の皮膚の部分よりもデリケートで、傷がつきやすい部分ですから、傷が残るかもしれない、皮膚が化膿するなどのリスクが高いのでオススメできません。

 

これら紹介されている自宅治療の方法の中でも、比較的チャレンジしやすい薬の中に、オロナインで治すという方法があります。オロナインはどのご家庭にもおいてあるもので、水虫、ニキビ、湿疹などの様々な皮膚の病気に対して家庭に常備してある万能薬のように使われていますよね。

 

フォアダイスにオロナインという噂が広まった理由はわかりませんが、フォアダイスは汗腺に皮脂が詰まってしまったニキビのような状態だというところから、オロナインの使用を試してみた人が効果を実感し、このような噂が流れているのかもしれません。オロナインはとくに、粘膜部分などにつけてはいけないという注意事項があるわけではないので、イボコロリなどのように塗ると高いリスクがあるというわけではなさそうです。効果を実感したという人もいれば、まったく変わらなかったと人もおられて、意見が二つに分かれていますから、一度、試してみる価値はあるかもしれません。

フォアダイスの原因と治し方TOP