MENU

イボコロリでフォアダイスを取るのはNG?

ネットで噂になっているイボコロリで、フォアダイスが取れるかどうかを試してみました。最初にイボコロリを患部に塗ると接着剤がついたみたいに患部に固まるような感覚があり、これを1日から2日ぐらいくっつけたままにして、その後、お風呂でふやかしながらフォアダイスと一緒に取ってしまおうっていうのがこの方法なのだけど、痛いしうまく取れないし、自分の場合はどうもうまくいかなかったです。

 

俺の場合は、フォアダイスがあったのは亀頭のカリの部分だったんですが、イボコロリで取った部分は赤くなってしまって、しばらくヒリヒリとした痛みが続いていたし、このまま痕が残ったらイヤだたなって今から心配しています。元々、イボコロリってウオノメとかイボなどの余分な厚い皮膚が重なっている部分を柔らかくして、皮膚ごと取り除くっていうのが本来らしいから、ペニスとかの薄い皮膚の部分だと刺激が強すぎるみたい。

 

皮膚が厚い人の場合は、もしかしたらイボと同じようにキレイに表面の皮膚と一緒にフォアダイスも取れるのかもしれないけど、皮膚があまり強くない人はほんと気を付けた方がいいと思います。俺も取れたといえば取れたけど、なんかその部分だけごっそり皮膚がへこんだようになってしまったから、きれいにその部分だけ取るにはコツがいると思う。亀頭部分って目立つから、痕に残ってしまうと格好悪いし、やっぱり数万円はかかるけど美容外科のレーザーで焼いてもらったほうがきれいに取れるんじゃないかな。

フォアダイスの原因と治し方TOP